特徴的な治療法

ロボット支援手術

当院泌尿器科の特徴として腹腔鏡手術が非常に盛んであることが挙げられます。腹腔鏡下前立腺全摘術、腹腔鏡下腎摘除術、腹腔鏡下腎部分切除術、腹腔鏡下副腎摘除術などの術式を非常に多く経験してきた実績があります。

ロボット支援手術は従来の腹腔鏡手術を、術者がロボットを操作することによって行う手術です。当院ではda Vinci Xiという最新型のロボットを用いて手術を行っています。da Vinciという名前は15世紀の有名な芸術家である、レオナルド・ダ・ヴィンチにちなんでつけられました。術者は患者さんから少し離れたコンソールという場所で、3D画面を見ながら、カメラや鉗子を動かして手術を行います。da Vinciの鉗子の先端は人間の手首のように自由自在に動かすことができ、腹腔鏡手術では難易度が高い針の運針も容易に行うことができます。da Vinciの登場により、より繊細な腹腔鏡手術を行うことができるようになりました。

現在泌尿器科領域では前立腺癌に対する前立腺全摘除術、腎癌に対する腎部分切除術、膀胱癌に対する膀胱全摘除術で保険収載されています。他疾患で手術の既往があったり、緑内障という目の病気があると、ロボット支援手術が選択できない場合もあります。お気軽に担当医にご相談ください。

ロボット支援手術
ロボット支援手術